エコロジー&リサイクル

最新技術で自然と環境を守るための
リサイクル活動に尽力しています

紡毛原料やフェルト用原料の
原点はリサイクル

毛布やコートなどに使われる紡毛糸の原料は元々そ毛工程で発生する紡績屑やトップ工程で発生する加工屑のリサイクルから始まりました。紡績屑は色を生かして選別したり反毛したりして原料に戻し、「糸」として生まれ変わります。
トップ加工屑はノイルと呼ばれて化炭工程を経て「フェルト原料」へと生まれ変わります。ウールは捨てるところはほとんどなくラノリンを取るなどして土砂や油まで再利用できる究極のエコロジー素材であると言えます。

中国 江陰新橋汚水処理有限公司で
廃液及び汚水処理を行い、
環境保全に努めています

この工場は弊社が新橋地区でウールトップを加工するにあたり、新橋地区政府からの相談により合弁で設立した処理工場です。 勝海工場ではウール原毛の洗い加工から行うため廃液が発生します。 一次処理は勝海工場内で行いますが二次処理はこの新工場で行います。 この地域には陽光集団を始めとする多数の繊維加工会社があり、染色や整理工程で発生する廃液処理が大きな課題でもありました。今後中国でも益々規制は高まり厳しくなる背景でこの工場に資本参加することは環境問題にも対処出来、我々の工場が長期安定的に稼働出来る裏付けにも繋がっております。

  • 最新の処理システムで生ゴミを堆肥へ

    びっくりドンキーでは地球温暖化の原因にもなっている焼却ゴミを減らすため、生ゴミを最新機械で堆肥化資材への処理を行い(コンポストと呼ばれる微生物の働きで堆肥を作る処理)、有機堆肥として利用しています。

  • リユース箸で環境負担軽減

    びっくりドンキーでは、古来からある日本人の知恵、“もったいない”の心から、従来の竹箸に代わって洗浄して何度でも繰り返し使えるリユース箸を導入し、資源の消費とゴミの発生を抑制しています。

  • 廃食用油の回収し、リサイクルで生まれ変わらせます

    店舗で使用し終わった油をリサイクルする取り組みを行っています。
    集まった油はバイオディーゼル燃料(BDF)、ボイラー燃料、石鹸、飼料などに生まれ変わります。